バイオ燃料「PKS(パーム核殻)」

  1. TOP»
  2. バイオ燃料「PKS(パーム核殻)」

ビニールハウスの暖房にバイオ燃料利用でCO2削減を

バイオ燃料を利用することで、地球環境の改善に目を向けてみませんか?バイオ燃料「PKS(パーム核殻)」は、ヤシ(パーム)の実の殻のことで、バイオマスボイラーの燃料としてご利用いただけます。廃棄するしかなかった殻を利用する再生可能エネルギーのひとつ。バイオ燃料はCO2排出を防ぎ、さらにゴミを減らす環境に優しい無駄のないエネルギーです。皆さんもバイオ燃料を利用することで、地球環境の改善に目を向けてみませんか?

こちらでは農業用有機土壌改良材「ケイントップ」を取り扱う「アグリック株式会社」が、PKSの効果や特長を分かりやすくご説明します。内容に関してご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

PKSはバイオマス燃料

PKSとは「PALM KERNEL SHELL」の略で、ヤシ(パーム)の核殻のことです。ヤシの実の種の中身を使って抽出する油を「パーム油」といいますが、パーム油として使えない殻の部分をPKSとよんでいます。採取後の殻を利用したバイオマス燃料(生物体(バイオマス)の持つエネルギーを利用した燃料)です。

PKSを使用するメリット

バイオマス燃料であるPKSは、ビニールハウスの暖房機器や農業機器用に燃料として使われています。パーム油を採った後の廃棄されるはずの殻を使用した、地球に優しい燃料です。パームが育てると殻が出ていますが、従来であればただ捨てられていた殻を燃料として使用します。

燃やして発生したCO2は、パームが光合成で吸うことでさらに育つという循環を繰り返します。そうしたリサイクル可能な点においても、再生可能エネルギー資源として無駄がありません。

バイオマス燃料は、使ってしまったら再生できない石油や石炭などの化石燃料とは異なって、自然界で繰り返し作られる再生可能エネルギーのひとつです。CO2排出の削減という地球環境への貢献のほか、CO2排出権(※)を売ることもできます。

また石油が高騰しているときには、燃料コスト自体の削減にもつながります。農業コストを考える上で、農家様にはメリットの多い燃料なのです。

※CO2排出量の上限枠(排出権)を割り当て、上限より少なかった企業は超過してCO2を排出する企業に対し、排出権の余剰分を販売できる制度です。

アグリックの提供するPKSの特長

弊社ではPKSをマレーシアから輸入販売しております。マレーシアはパーム油産業でインドネシアと並ぶ世界最大の生産国です。安定的な供給ルートを確保することで、加工工程を経た高品質のPKSを取り扱っています。木質ボイラーの設置が必要となりますので初期コストは高くなりますが、長期スパンで考えたら石油資源よりもコスト面でも環境面でも有益だといえます。

PKSはバイオ燃料専用の木質ボイラーを購入する必要がありますが、弊社ではボイラーの購入先の紹介もできるので安心してください。また、PKSと似た木材ペレットなど木材のバイオ燃料も取り扱っています。PKSやその他のバイオ燃料に興味がありましたら、お問い合わせください。

農業資材のご提供によって日本の農業をサポートします
アグリック株式会社へのお問い合わせはこちらから
0561-58-0618

営業時間 9:00-17:00 / 定休日:土・日・祝日
〒489-0984 愛知県瀬戸市北山町93番地