有機土壌改良剤「ケイントップ」の特長

  1. TOP»
  2. 有機土壌改良剤「ケイントップ」の特長

ケイントップの効果や特長

農業用有機土壌改良材「ケイントップ」は、サトウキビを原料とする100%天然素材の土壌改良材です。
ケイントップには4%もの糖分が含まれておりますので、 土壌菌の働きが活発になり腐植の形成促進、その腐植で糊づけ された土の塊は大小の間隙を生み、団粒構造に富んだ土壌を形成します。
結果、適度な通気性や排水性、保水性や保肥性を保つ土壌になり、 健全な根の伸張を促進すると考えられております。 畑の土に鋤き込むことによって、団粒構造を持つふかふかで理想的な土を生み出します。土地を改良することによって、農作物は大地にしっかり根を張り強く育つのです。

こちらでは農業資材を取り扱っている「アグリック株式会社」が、ケイントップの効果や特長を分かりやすくご説明します。ケイントップについてご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

特長1 100%天然素材で土を活性化する

ケイントップの原料は100%天然素材のサトウキビの葉です。糖分が約4%と大変多く含まれているので、土壌の中にある有効菌を増殖・活性化させる働きがあり、粒の隙間が小さい粘土質の土を大小の隙間が混在する団粒構造の土に変えることで、土壌がふかふかで豊かな土に変わります。

「良い土」の象徴である「団粒構造」の強い土となり、通気性・保水性・保肥性・通水性の改善につながります。こうして、植物の根が地中に伸びやすく、強い農作物を作り出すのです。最終的には土に還り、地力を強くする堆肥としての効果も期待できます。

特長2 農薬の使用量を減らし、肥料の効果をさらに高める土へと改革

農作物を大きく、健やかに成長させるためには栄養が不可欠ですが、土壌が豊かで作物の根が張りやすい環境であれば、根からしっかりと水分や養分を吸収しやすくなるので、農作物がしっかり育ち減肥料・減農薬につながります。

つまり、土を良くすることが秀品率の高い農作物を育てるための第一歩であるといえます。ケイントップを使用すれば肥料の効きが良い強い土壌を形成できます。良い農作物をつくるためには手間暇をかけることが必要ですが、弊社のケイントップは、ほぐしやすく使いやすいので労力を最小限に抑えたうえで“土に改革”を起こせます。

特長3 あらゆる土壌を良い土にする

ケイントップは、改良する土壌の種類を選びません。耕すのに困難な粘土のような固い土やさらさらで水持ちの良くない砂地は、ケイントップを鋤き込むことによってふかふかでクッション性のある土壌に変貌。土壌菌(有効菌)の働きが活発になり腐植が多く生み出されると、腐植でのりづけされた土の塊が複数存在するようになると大きな隙間と小さな隙間を同時に有する土壌(団粒構造)が育まれます。団粒構造は通気性や排水性に優れており、保水性や保肥性ももたらします。

PICK UP

ケイントップには有機物が含まれており、土壌菌が食べて数が増えて活性化するとまるで人の体温のように、地温を安定化させる効果もあります。ケイントップをご利用した寒い地域の農家様の中には、地温が2度くらい上昇したというケースも報告されています。

特長4 あらゆる農作物を強く育てる

ケイントップを使うことで団粒構造で根が張りやすい土となり、肥料の効きが良い土地で育った作物は秀品率が高くなります。そうすると少量でも肥料の効果が高まり、農薬の使用量も減らすことができるのです。実際にケイントップを使用された菊農家様からは、「すぐに茎がしっかり育ってきた事が分かりました。」というご感想もいただきました。

またケイントップは、キュウリやナス、トマト、大葉、ニラ、ピーマン、しし唐、小松菜、水菜、細ネギなどの蔬菜、イチゴやリンゴなどの果樹、キクやバラ、トルコキキョウなどの花卉など、土を使用する作物であれば何でも活用することができます。

例えば、花卉の場合には、ケイントップで良い土の状態を保ち育てた花卉は、「切り花にしても日持ちが良くなった」という感想をいただいたこともあります。また、ピーマンを作っている農家様からは、「形が良くなり全体の品質が良くなった。」という感想もいただきました。

特長5 扱いやすく活用範囲が広い

以前のケイントップは非常に固く、取り扱いにくい面倒な部分がありました。現在、アグリックがご提供するケイントップは、大変ほぐれやすくなっており、袋から取り出してそのまま土壌に撒くことができます。

また、ケイントップの活用範囲は土壌改良材にとどまらず、日照り防止や水分の蒸発防止になるマルチング材として使っていただけます。特にハウスの場合には、植物には水分が必要になりますが蒸散が激しいという課題があります。ケイントップをマルチングや通路に敷くことで水分の蒸散を防ぎ農作物の品質を高める効果も見込めるのです。蒸散を防ぎますが水はしっかりと撒いてください。
また、畑の通路に敷くことで作業時の靴汚れを防いだりすることもできます。作物の収穫後には土壌改良材として土に鋤き込めるので、素材としての無駄もありません。